脱毛は痛い?

脱毛には様々な種類があります。脱毛シートやワックスを用いた脱毛、毛抜きで1本1本抜く方法、電動の脱毛器を使って抜く方法などなど、自分で自宅でも手軽にできる脱毛方法もたくさんありますが、お金とトータルの時間はかかりますが、確実な脱毛方法は脱毛サロンなどでのプロの手による脱毛ですね。

他の章(脱毛方法には種類がある?)でも触れていますが、プロの手による脱毛にもまた光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーダー脱毛、ニードル(針)脱毛などなどの種類があり、それぞれに特徴、メリット・デメリットがあり、痛みの度合いも施術方法によって少しずつ変わってきますし、人によっても感じ方が違います。
毛抜きや脱毛シートを使ってべりっとムダ毛を皮膚からはがす方法、それに電動の脱毛器を使い毛を巻き込みながら抜いていく脱毛方法では、やはり無理矢理毛を引っこ抜くということから毛の生えている方向と逆に毛を引っ張ってしまったりするとなかなかの痛みを伴います。

プロの手による脱毛でも全く痛みを感じないという脱毛方法は少なく、ほとんどの場合、微妙にでも痛みを伴うもの。
特に脱毛後のツルツル肌の持ちがいい(持続期間の長い)脱毛方法になればなるほど、痛みは大きくなるという特徴があるようです。
(詳しくは「脱毛方法には種類がある?」の章を参照してください。)

サロンでの脱毛後のお手入れですが、しっかりケアするのとほったらかしにするのではお肌の回復力に差が出てきます。
せっかく脱毛したのですからしっかりケアして美肌を保ちましょう。
まず大切なことは、「冷やす」こと。

光脱毛やレーザー脱毛などの施術後はどうしてもお肌がほてった状態になっているため、しっかりアイシング(冷やすこと)して肌の熱を取ってあげましょう。
サウナや湯船、シャワーなどで温めると炎症を起こしてしまう原因になってしまうため、温めないように。
また施術後のお肌には多少なりと負担がかかっているもの。
普段に比べとても敏感な状態になってしまっています。

お出かけの際にはしっかり日焼け止めで紫外線をカットしてあげましょう。
その後も続けて脱毛を受ける場合は日焼け止めを使用して肌の日焼けを防いであげないと、肌が日焼けし黒くなることでその後の施術の進み具合、脱毛効果に影響する場合があります。
(レーザー脱毛などは肌の黒い部分、毛根などに反応するためです。)

保湿クリームなどで保湿をしっかりしてあげることも大切です。
ただメントールなど清涼感がきつく肌を刺激するもの、制汗スプレーなどパウダーが毛穴をふさいでしまうようなものの使用は極力避けましょう。